乳歯が虫歯になる理由

まだ歯も生えていない赤ちゃんのときから歯茎をマッサージし、歯が出てきたときからやわらかい歯ブラシでていねいに乳歯を磨いてきたのに、なぜか子どもが虫歯になってしまった。こんな経験ありませんか?

実は、乳歯の虫歯は主に糖分や汚れが主な原因です。牛乳や粉ミルク、母乳、炭酸飲料などの甘い飲み物に糖分が含まれ、この糖分に乳歯が長時間さらされると、お口の中にある細菌が飲み物や食べ物に含まれる糖分を利用して、歯を傷める酸を作り出してしまいます。

そして、その酸の攻撃を継続的に受けることで虫歯はできるというわけです。歯の表面は体の中で一番硬いエナメル質でおおわれていますが、乳歯はもともと永久歯よりもエナメル質が薄く、厚さは永久歯の半分程度だそうです。

そのため、虫歯になって歯が溶け始めると、比較的早く虫歯が神経まで進んでしまいます。お口の中では食事の度に歯が溶ける(脱灰)と溶けた歯を戻す(再石灰化)を繰り返されていますが、虫歯がエナメル質内であれば再石灰化で治る可能性があります。しかし、その下の柔らかい象牙質まで入ると虫歯は一気に広がって進行してしまいます。

子どもは痛みの感覚が発達していないこともあり、気づかないまま虫歯が大きく進行してしまうことが多いそうです。子どもが痛みを訴えない場合でも、仕上げの歯磨きをする際には子どもの歯をよくチェックすることが大切です。また、最近では子ども専用の歯磨きもネットで購入できますので、こうしたものを利用することも子どもの虫歯対策には効果的です。