最初は遊びのパチンコで気が付いたら数百万の借金

30代男の借金体験です。
私の職場にはパチンコなどのギャンブルをやる人が多く休憩中にはその話で盛り上がることもあり、時には10万円勝ったなどの話を聞いて、私も勝てるのではないかと思いパチンコを始めました。

気が付いたら仕事終わりに職場の人たちと毎日のように行くようになっていました。

最初は職場の人に誘われたのがきっかけですが、当たった時の高揚感は他の何物にも代えがたく、気が付いたら休みの日にも行くようになって仕事中もパチンコの事を考えるほどのめり込んでいきました。

最初のうちは1万~2万円くらい使って遊んでいましたが、どんどん使う額も増えていき時には5万円使って財布の中身が空になることもありました。

気が付いたら貯金もなくなり消費者金融にお金を借りてまでパチンコに行くようになっていました。

半年程度で限度額の50万を使い切り、懲りない私は他の金融会社にもお金を借りていました。

パチンコをやり始めて5~6年経ったころには借金の額も250万ほどになっており、これ以上お金を借りられないほど借金が膨れ上がっていました。
そんな状況でも、財布に1万円でもあればもしかしたら負け額を少しでも取り返せるかもと思いパチンコ屋に行き、全額使用して夕食はカップラーメン1つというむなしい生活を過ごしておりました、

本当にお金に余裕がなくなり、彼女や友人との交遊もほとんど行か無くなっていた頃に彼女から電話が入り『別れよう』の一言。

これではいけないと思い、CMで見かけた『借金問題なら○〇司法書士事務所』に連絡を入れ、今では利息を止めてもらい借金を地道に返しています。
本当に馬鹿なことをして人生を無駄にしてしまったと後悔しています。
消費者金融から借りたお金を時効にする